/

学生スポーツを変えるか 日本版NCAA

編集委員 北川和徳

日本の大学スポーツは学生の自主的な活動として発展してきた。野球もラグビーも駅伝も各大学のスポーツ部(体育会)は学生やOBが運営する。大学側は部長を置くことはあっても管理はしない。監督やコーチも学生やOBが選任する。

学生の自治による理想の姿と映るが、大学の管理下にないことが安全対策の不備による不幸な事故や資金の私物化など不祥事の遠因にもなっている。試合と練習でほとんど授業に出ないアスリートも多い。来春にも創設される日本版NCAA(仮称)は、こうした問題を抱える学生スポーツの大変革を目指している。

日本版NCAA創設の動きはスポーツの産業化を進める論議から始まった。本家の全米大学体育協会(NCAA)が統括する米国の大学スポーツはアメリカンフットボールやバスケットボールで莫大な資金を稼ぎ出す巨大産業。それを日本でも、という狙いなのだが、産業化の前に日本の大学スポーツには取り組むべき課題が山のようにあったということだ。

大学にとってスポーツ部は経営資源と考えるべきものだと思う。2年後の東京五輪には多くの学生アスリートが出場するだろう。彼らの存在は在校生やOBの誇りとなり、入学希望者を増やす。一方、選手やチームの事故や不祥事があれば大学の名誉は傷つき、管理していなくても学校は責任を問われる。学生やOBに運営を任せておける時代ではない。

日本版NCAAはまず、授業と両立できる大会の日程調整や会場確保の支援、年間取得単位数のルール策定、競技横断的大学対抗戦の推進などに取り組む。参加大学には各スポーツ部を一元的にマネジメントする「アスレチックデパートメント」(体育局)の設置や学校のスポーツ戦略を担う「スポーツアドミニストレーター」の育成を促していくという。

枠組みだけをつくっても、大学や学生競技連盟に参加の動きが広がらなければ変革は進まない。スポーツ部を管理する大学が増えなければできることは限られてしまう。

スポーツ庁によると創設時の目標は「200大学、40学生競技連盟の参加」。スポーツの活用に本気で取り組む大学の集結を期待したい。

(2020年東京五輪開幕まであと828日)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません