中国GDP横ばい6.8%増 1~3月、投資振るわず

2018/4/17 11:00
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国国家統計局が17日発表した2018年1~3月の国内総生産(GDP)は物価の変動を除いた実質で前年同期より6.8%増えた。成長率は17年10~12月から横ばい。インフラ建設など投資は振るわず、金融監督強化で不動産販売も低迷したが、好調な輸出が下支えした。米中貿易摩擦で輸出の先行きは不透明感が強く、中国経済の不安定要因となりそうだ。

港に並ぶコンテナ(上海)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]