/

この記事は会員限定です

日米首脳「別荘外交史」 国益かけた攻防の舞台

[有料会員限定]

安倍晋三首相は17日、米国を訪問してトランプ大統領との会談に臨む。その舞台は南部フロリダ州パームビーチにあるトランプ氏所有の別荘だ。豊かな自然に囲まれ、くつろいだ雰囲気でその時々の課題を率直に話し合いやすい「別荘外交」。過去の日米首脳も距離を縮める機会としてきたが、言葉の響きとは裏腹にそれは双方が国益をかけて駆け引きを繰り広げた歴史でもある。

ロサンゼルスから南へ車で約2時間、西部カリフォルニア州...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1648文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン