/

宇崎さんらが法規制訴え 入場券の高額転売で

宇崎竜童さんら歌手が16日、東京・永田町の衆院第1議員会館で開かれた超党派の国会議員による集会に出席し、音楽やスポーツなどの入場券の不正な高額転売を規制する法整備の必要を訴えた。出席した議員からは、新法案の成立を今国会で目指す方針に賛同する声が相次いだ。

コンサートプロモーターズ協会によると、インターネット上で数千円の入場券が数十万円の値段で取引される例もあるという。宇崎さんは「お客との信頼関係を壊さないためにお願いします」と訴え、夏木マリさんは「正当な価格で楽しめるようにしてほしい」などと求めた。

2020年東京五輪へ向けて不正転売を取り締まる必要もあり、自民党のライブ・エンタテインメント議員連盟は3月、罰則付きで不正転売を禁じる新法案の要綱を了承している。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン