/

首脳会談直前 トランプ氏、日本名指し非難

一足先にフロリダに着いたトランプ米大統領は「税制改革」に関する集会に出席。45分にわたるトランプ節の最後に、通商問題について切り出した。「我々の友人が最悪の敵だ。我々は利用されている。欧州連合(EU)、そして日本、韓国」。いきなりジャパンとの言及が静かな会場に響いた。まずは先制ジャブ攻撃というところか。波高しを予感させる。外国為替市場にもうっかり円売りに動けない雰囲気が醸成されよう。

かと思えば「トランプ大統領、ロシア追加制裁見送り」と、米紙ワシントン・ポストが報道。大統領の正式承認を経ずにヘイリー国連大使が先走り、トランプ氏おかんむり、との観測だ。国務長官不在のなかで米国外交の実質的「顔」ともいえる女性国連大使に責めを負わせるごとき展開とされる。それにしても国連の場での、あれだけ強いロシア非難が、感情起伏の激しい大統領により、ちゃぶ台返しされるとすれば、市場も当惑するばかり。

シリア・リスク後退という結果は歓迎だが、トランプ発言相場の不透明感は残る。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)
  • 日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ): Amazon

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン