2018年10月18日(木)

校則など4割見直し 大阪府立校、髪染め強要問題で

2018/4/17 0:35
保存
共有
印刷
その他

大阪府教育庁は16日、府立の全197校のうち4割強の90校が頭髪指導などのルールを見直したとする調査内容を発表した。府立高の女子生徒が生まれつき茶色っぽい髪を黒く染めるよう教諭らに強要されたとして府を訴えた問題を受け、各校に校則の点検と必要に応じた対策を指示していた。

調査は高校、支援学校、中学校を対象に昨年12月~今年3月に実施し、全校が回答。68校が校則を改めるなどし、うち25校は「茶髪」を「染色・脱色」の表現に変えるなどしたほか、地毛に戻さない生徒を帰宅させるとの内規を廃止した学校もあった。

また、時代の変化に合わせ、一部学校は携帯電話を「持ち込み禁止」から「授業中の使用禁止」に変更したり、交流サイト(SNS)のなりすましや中傷についての指導を内規に加えたりした。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報