2018年7月20日(金)
スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

ショット抜群、小平が米プロゴルフツアー初V

2018/4/16 23:17
保存
共有
印刷
その他

 15日閉幕のRBCヘリテージ(サウスカロライナ州)で、小平智(28)が日本人男子5人目となる米ツアー優勝の快挙を果たした。A・パーマーが最初の王者で、50回記念という伝統の大会を制し「目指していた舞台で、こんなに早く優勝できるとは。本当にうれしい」と喜びがあふれた。

米ツアーで初優勝し、笑顔でトロフィーを掲げる小平=AP

 首位と6打差の12位でスタートした。次週の出場権を得るため、10位以内を目指しただけに「今までの優勝(日本ツアー6勝)の中で、一番頭の中が真っ白」。1番で1メートルにつけ3連続バーディー発進。7バーディー、2ボギーの66と、2日目の63に次ぐ快スコアをたたき出し、痛快な逆転劇を演じた。

 昨季の国内ツアーでは平均ストローク、パーオン率など軒並み1位。ツアー随一のショット力が猛チャージの源泉にある。金シウ(韓国)とのプレーオフ3ホール目で7メートルのバーディーパットをねじ込み、決着をつけたように小技の上達も著しい。日本ツアー選手権で初優勝した2013年にランク64位だったパットが昨季は2位。先日のマスターズでは、決勝進出53人中9位と高速グリーンにも適応した。

 マスターズからショットは好調で、手応えの良さをアピール。初出場で28位に入り自信を膨らませた。昨年末の世界ランクは51位で年内に出場権を確定できなかったが、シンガポール、ミャンマーと続いた1月の日本・アジア共催試合で2週連続2位に入り、その後も米ツアーを転戦。苦しい思いをしながら、憧れの舞台に足を踏み入れ「1月からいろいろ考えてゴルフをして、むちゃくちゃ成長した」と小平。米ツアーの雰囲気や芝にも慣れ、緊張しなくなったという。貴重な経験を、快挙に結実させた。

 年下の石川遼、松山英樹の米ツアー参戦に刺激され、海外志向が強かった。14年には米ツアー予選会に挑戦している。米3勝の丸山茂樹は以前、パワーヒッターぞろいの米ツアーで活躍する条件として「180センチ以上ないと厳しい。英樹がぎりぎり」と話していた。172センチの小平の優勝は、一時撤退した石川らを勇気づけるだろう。2年間のシード権も獲得し、世界ランクは46位から27位に急浮上。「少し英樹に近づけたかな? メジャーでも優勝争いできる選手に、頑張ってなりたい」と意気込みを語る。

 国内では、昨季惜しくも逃した賞金王どりを宣言している。日米掛け持ちとなる今後の日程調整をどうするか。うれしい悩みが生まれた。(吉良幸雄)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

第1ラウンド、13番でティーショットを放つ宮里優作=共同

 一時3アンダーまで伸ばしながら、結局71のパープレー。それでも18ホール回り切り、クラブを振れた事実のみが宮里優作の心を揺さぶった。ホールアウトして引き揚げる宮里優の目には光るものがあった。
 日本の …続き (19:26)

第1日、10アンダーで首位の小祝さくら(20日、瀬田GC)=共同

 センチュリー21レディース第1日(20日・滋賀県瀬田GC=6518ヤード、パー72)ツアー初勝利を狙う20歳の小祝さくらがボギーなしの1イーグル、8バーディーで62をマークし、単独首位に立った。3打 …続き (18:14)

第1ラウンド、5番でティーショットに臨む松山。右は同組のウッズ=共同

 3大会ぶりに全英に戻ってきたウッズ、地元スコットランド出身のノックスと同じ組。ギャラリーの大声援を受ける様子を目の当たりにした松山は「いいなあ、と思って見ていた」と素っ気なく語った。
 1バーディー、 …続き (13:41)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

会員権相場情報

[PR]