2018年7月18日(水)

グラブvs新興勢 東南アの配車、ウーバー撤退後も激戦

2018/4/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東南アジア配車最大手グラブが米ウーバーテクノロジーズの域内事業を吸収し運営を始めた。両社はここ数年、各地で激しく競ってきたが、最後は巨人ウーバーがグラブに力負け。グラブと地場の新興勢力が成長市場を奪い合う局面に入っている。すでに一大産業に育った配車サービスは交通分野の枠を超え、域内の6億人の暮らしを大きく変えようとしている。

 インドネシアの首都ジャカルタ中心部のショッピングモール。玄関口では多く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報