2018年4月22日(日)

保証承諾総額2年連続減、都信用保証協の17年度

経済
東京
2018/4/16 22:00
保存
共有
印刷
その他

 東京信用保証協会がまとめた2017年度の事業概況によると、保証承諾の総額は16年度比2.7%減の1兆1013億円だった。減少は2年連続。超低金利の環境下、保証料を負担して資金調達しようとするニーズが薄れてきている。件数は0.3%減の8万3633件だった。

 業種別でみると、最も多い卸売業が2503億円で8.2%減少した。続くサービス業は1%増の2160億円となり、製造業が6.5%減の2012億円だった。同協会が企業の債務を肩代わりする代位弁済の総額は14.4%減の511億円と8年連続で減少した。

 信用保証制度は中小企業が金融機関から融資を受ける際に協会に保証料を支払い、返済できなくなった場合に協会に肩代わりしてもらう仕組み。協会が保証をつけることで中小企業が融資を受けやすくなる。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報