2018年10月18日(木)

群馬県、6次産業化商品カタログ発行

2018/4/16 23:00
保存
共有
印刷
その他

群馬県は農産物の生産、加工、流通、販売までを一括して行う「6次産業化」に取り組む事業者を紹介するカタログを初めて発行した。県内30の事業者が開発したジュースやジャム、ドレッシングといった商品を掲載し、こだわりのポイントや取扱店、ホームページなどを紹介する。カタログを通じて県民の6次産業化への関心を高め、販路拡大を支援する。

「6次産業化」に取り組む事業者の商品を紹介する

商品カタログ「育てて・つくった ぐんまの6次化商品」を発行した。発行部数は約8000部。前橋市の群馬県庁内のほか、群馬県商工会連合会や県内の農業事務所で配布する。

群馬県は2013年度から「6次産業化サポートセンター」を設置している。県農政部ぐんまブランド推進課によると「6次産業化・地産地消法が制定された当初は、認定事業者数の伸びも大きかったが、最近は横ばいの状況だ」という。成功事例を紹介することで、新たに6次産業化に取り組む事業者を増やしたい考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報