2018年12月12日(水)

大阪難波・天王寺の百貨店、売上高拡大 近鉄本店など

2018/4/16 22:30
保存
共有
印刷
その他

大阪市難波・天王寺エリアの主要百貨店の2018年2月期の売上高が16日、出そろった。この日発表した近鉄百貨店あべのハルカス近鉄本店は1176億円と前の期から15%増加した。高島屋大阪店(8.8%増の1414億円)、大丸心斎橋店(14%増の839億円)と並んで、高い増収を記録した。

大阪難波や天王寺といった広い意味での大阪ミナミは、訪日客に人気が高い商業地域だ。格安航空会社(LCC)で訪日し、民泊などで宿泊し、お買い物は大阪ミナミでといった訪日客の消費行動がこれらの百貨店の売上高に反映された格好だ。

あべのハルカス近鉄本店は免税売上高が5倍の147億円に躍進。近隣施設との連携などで阿倍野地区に訪日客を呼び込みに成功した。大丸心斎橋店は本館が建て替え工事をしているが、訪日客向け商品を中心に扱う南館が業績をけん引した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報