2018年11月21日(水)

シリア攻撃、「人道的措置」か「国際法違反」か 専門家に聞く

2018/4/16 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米英仏3カ国によるシリアへのミサイル攻撃を巡り、14日の国連安全保障理事会緊急会合では、英国が「人道的観点」から攻撃が正当だと主張する一方、アサド政権を支えるロシアは「国際法違反」だと非難した。攻撃には正当性があったのか。国際政治や国際法の専門家の間でも意見が分かれている。

一橋大の福富満久教授(国際政治)は今回のシリアへの攻撃が「軍事介入の正当性となる3つの条件を満たしている」とする。3条件と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報