2018年12月19日(水)

柿安本店、新業態のレストラン 19年2月期に10店

2018/4/17 1:31
保存
共有
印刷
その他

柿安本店は新業態のフードコート型レストラン「柿安Meat Express」の出店を拡大する。2019年2月期の期初計画は前の期の出店実績の倍近い10店に増やす。名古屋と首都圏を中心にショッピングセンターなど新市場での需要を開拓する。

「柿安Meat Express」は昨年4月に名古屋市に1号店をオープンした。客単価を900円前後という手ごろ感のある水準に設定。柿安の看板商品である牛肉しぐれ煮を使った牛肉しぐれ丼や、ローストビーフ丼の売れ行きが伸びている。

33平方メートルほどの厨房スペースを整備するだけで済むため、通常のレストランより出店コストを低く抑えることができる。現在、愛知と三重、埼玉の3県にあるショッピングセンターのフードコートに出店しているが、神奈川県にも初めて進出する予定だ。

前の期の出店実績は6店だった。今期の期初計画のうち、すでに3店が出店、または出店間近で今後、出店を加速する。従来はイオンモールを中心に出店してきたが、今後幅広く展開する。

和菓子事業と主力の総菜・精肉事業を合わせた期初の出店計画は40店と、過去最多の水準という。今期の投資額は約16億円。積極的な出店により19年2月期の連結業績は売上高で前期比5%増の460億円、純利益で2%増の17億円を見込む。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報