2018年4月22日(日)

株、膠着感強まる 日経平均の日中値幅、今年最低に

2018/4/16 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 日本株相場の膠着感が強まっている。16日は、日経平均株価の日中の値幅(高値と安値の差)が104円と2018年で最も小さくなった。米国の保護主義的な貿易政策を懸念して、投資家は積極的にリスクを取る動きを控えている。4月下旬に3月期企業の決算発表が本格化すると、株価が振れやすくなるとの警戒感も背景にある。

 日経平均の日中値幅は17年12月27日(81円)以来の小ささ。東証1部の売買代金は2兆388億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報