/

この記事は会員限定です

日中対話、具体論で溝 日本は知財・鉄鋼で是正要求

[有料会員限定]

日中両政府が16日に都内で開いた日中ハイレベル経済対話で、日本は中国に知的財産権の保護と、過剰な鉄鋼生産の是正を強く訴えた。しかし中国は従来の取り組みを繰り返し、具体的な約束を引き出すことはできなかった。日本は成長が続く中国と経済面で安定した関係を望むものの、具体論については両国間で考え方にズレがあることがにじみ出た。

「鉄鋼について日本側から問題提起した。過剰供給能力への対処が必要だと申し上げた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン