2019年5月27日(月)

電通、月1回は週休3日に

2018/4/16 19:00
保存
共有
印刷
その他

電通は16日、週休3日制を毎月1回試験導入すると発表した。違法残業問題を契機に2017年から推進している残業時間の削減など働き方改革の一環で、家族と過ごしたり自己啓発したりする時間に使ってもらう。1日1問の質問に答え、心身が疲れている従業員を早期発見するシステムも導入する。

6月から毎月1回、水曜日か金曜日が休みになる。電通本体の従業員7000人が対象で、今後はグループ会社にも広げる。12月まで実施する。

週の真ん中の水曜日に休みがある場合と金曜から土曜までの連休がある場合で、どちらが働き方の改善につながるかを検証する。同休暇を取っても給料は減らない。

従業員が出社してパソコンを起動させると、心の調子や人間関係など10個の質問から無作為に1問質問するシステムも7月から導入する。心理学の手法を用いて結果をデータ化することで、従業員は自分自身の状態を客観的に把握できるようになる。管理職が従業員の心身を常に把握、健康問題の芽を早期に摘む使い方も想定している。

電通は15年に新入社員だった高橋まつりさん(当時24歳)が自殺し、16年に労災と認定されたことをきっかけに働き方改革を進めている。17年には1人当たりの総労働時間が前の年から135時間減り、2031時間となった。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報