2018年8月15日(水)

近畿のマンション発売戸数、5年ぶり増 2017年度

2018/4/16 20:30
保存
共有
印刷
その他

 不動産経済研究所(東京・新宿)が16日発表した近畿2府4県の2017年度のマンション供給戸数は前の年度に比べ8.1%増の1万9849戸だった。大阪市内の都市部での供給が増えた。供給戸数が前の年度から増加するのは5年ぶり。

 平均契約率は4.7ポイント上昇した76.6%。好不調の目安とされる70%を大きく上回り「非常に高い水準」(同研究所)という。投資向けの小規模物件が増えた関係で1戸あたりの平均価格は減少が続いたものの、1平方メートルあたりの単価は63万円で1991年(73万円)以来の高値になった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報