2018年9月26日(水)

9/26 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: フジクラ、品質不正発覚でも残る成長期待[有料会員限定]
  3. 3位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
  4. 4位: セクハラ疑惑判事公聴会、27年前の教訓[有料会員限定]
  5. 5位: 米国株、ダウ続落で69ドル安 FOMC結果控え利益確定、貿易摩擦も重荷

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,953.98 +13.72
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,950 +210

[PR]

記者の目

フォローする

丹青社、隠れインバウンド銘柄 五輪後も成長期待
証券部 長谷川雄大

2018/4/17 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 内装デザインの丹青社が隠れインバウンド(訪日外国人)銘柄として投資家の人気を集めている。QUICK・ファクトセットによると、株主にはノルウェーの政府系ファンド(SWF)のほかスイスや英国の資産運用会社など内外の有力機関投資家が名前を連ねる。2018年1月期は27年ぶりに営業利益で過去最高を更新した。三越伊勢丹ホールディングスやドンキホーテホールディングスと違って、目立たぬ存在の同社だが、五輪後の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!


新入社員のための財務講座

電子版トップマーケットトップ

記者の目 一覧

フォローする

新着記事一覧

読まれたコラム