2018年7月18日(水)

岸田派「持続可能性」前面に 18日に基本政策発表へ

2018/4/17 0:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 自民党岸田派(宏池会)は18日に発表する政策パンフレットをまとめた。政策決定を「トップダウン」から「ボトムアップ」に切り替え「権力に対するチェックアンドバランスを確保する」と強調。経済・財政政策を念頭に「対症療法から持続可能性へ」と訴える。「平和憲法、日米同盟、自衛隊の3本柱で平和を創る」とも明記する。

 18日に都内のホテルで開く岸田派の政治資金パーティーで、参加者に配る。派閥を率いる岸田文雄政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報