2018年9月26日(水)

9/26 12:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: フジクラ、品質不正発覚でも残る成長期待[有料会員限定]
  3. 3位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
  4. 4位: セクハラ疑惑判事公聴会、27年前の教訓[有料会員限定]
  5. 5位: 米国株、ダウ続落で69ドル安 FOMC結果控え利益確定、貿易摩擦も重荷
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,865,236億円
  • 東証2部 92,613億円
  • ジャスダック 103,102億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.37倍 --
株価収益率15.22倍15.49倍
株式益回り6.56%6.45%
配当利回り1.60% 1.64%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,953.98 +13.72
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,940 +200

[PR]

スクランブル

フォローする

陰る成長株投資、市場の重荷 ネット広告株安で警戒感
証券部 二瓶悟

2018/4/16 18:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 16日の東京市場では積極的に上値を追う動きは限られた。投資家は銘柄を慎重に選別しており成長株への資金流入も細っている。特に米フェイスブックによる個人情報の不正流用などを背景に、ネット広告株を手放す動きが目立つ。東証マザーズ指数も今年最低となった。企業の決算発表や日米首脳会談を控え、企業を取りまく環境の構造的な変化を見極めようとの姿勢が市場全体に広まっている。

 「広告業界の地殻変動につながるかもし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム