2018年7月20日(金)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,587,380億円
  • 東証2部 98,970億円
  • ジャスダック 104,485億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.33倍 --
株価収益率14.63倍15.09倍
株式益回り6.83%6.62%
配当利回り1.65% 1.69%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,764.68 -29.51
日経平均先物(円)
大取,18/09月 ※
22,790 -10

[PR]

日経平均ダービー

フォローする

日経平均ダービー 隅谷氏「業績予想が注目点」

2018/4/21 2:00
保存
共有
印刷
その他

 読者やアナリストが予想の腕を競う日経平均ダービーの3月末予想の結果が出た。読者対象の第142ラウンドは名古屋市の会社員、湯浅健さん(47)が1位だった。次回6月末予想に向けては、企業の業績予想が注目点になりそうだ。

 3月の株式相場は米政権の保護主義政策を受けて日経平均が一時21000円を割り込むなど変動が大きかった。予想の難しい展開にもかかわらず、今回が初参加という湯浅さんの予想は3月末終値との差がわずか2円。本人は「まぐれの結果」と控えめにコメントしたが、年度末の利益確定売りによる株価の下落を予想に織り込んだのが功を奏した。

 2位に入った大阪府寝屋川市在住の高本憲二さん(66)は、近年の年度末相場の平均騰落率を予想に用いた。定年退職後は子どもたちと自然観察を共にするボランティアに励んでいるといい、「賞品の図書カードで昆虫の本を買いたい」と喜んでいた。

 次回の6月末予想に向けた注目点は何か。プロ部門1位の東海東京調査センター、隅谷俊夫氏は米トランプ大統領の外交や通商政策について「一貫性がなく、相場を左右する要素ではなくなりつつある」と話す。代わりに注目するのは企業の2018年度の業績予想で、「原材料費や人件費の負担がどこまで利益の下押し要因になるかに注目している」という。

 プロ部門で2位になった住友生命保険の岡田允彦氏は米中の貿易摩擦について「トランプ氏が米中間選挙向けに強硬なポーズをとっている側面がある」と指摘する。今後の日経平均については「米政権が通商政策で現実的な落としどころを探るのに合わせて過度な懸念が後退し、株価は反発するだろう」と話していた。

【日経平均ダービー、次回は6月末の予想を募集】
 次回の日経平均ダービーの予想締め切りは5月31日です。6月29日の日経平均株価終値の予想を募集します。
 ★電子版から応募できます。応募の締め切りは5月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は5月31日消印有効。はがきの場合は、(1)6月末の日経平均株価(算用数字で円単位、銭は切り捨て)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
 1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100―8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 日経平均ダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

【円・ドルダービー、次回は6月末の予想を募集】
 次回の円・ドルダービーの予想締め切りは5月31日です。6月29日の東京外為市場の円・ドル相場(午後5時の終値、値幅の左側の数字)の予想を募集します。
 ★電子版からも応募できます。応募の締め切りは5月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は5月31日の消印有効。
 はがきの場合は、(1)6月末の円・ドル相場(1ドル=○○円○○銭)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
 1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100―8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 円・ドルダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

日経平均・円ダービーでは、読者の皆さんの投票を募集しています。詳細は上記の募集要項をご覧ください。日経平均ダービーへの応募はこちら、円・ドルダービーへの応募はこちらから投票してください。*会員限定

日経平均ダービーをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム