2018年7月18日(水)

技術覇権へ強硬策連発 米、与野党問わず中国脅威論

2018/4/16 16:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 【ワシントン=河浪武史】米国内の中国脅威論は、トランプ政権だけでなく、議会・与野党にも広がっている。人工知能(AI)や自動運転などの先端技術で後れを取れば、軍事覇権と産業覇権の両面に影響しかねない。ただ、外資の対米投資を制限すれば、資金調達面などで企業の競争力が弱まる懸念もある。

 トランプ大統領は3月、中国の知的財産権の侵害を制裁するため、500億ドルの中国製品に関税を課す輸入制限案を打ち出した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報