/

デロイト、AI使ったRPAの導入支援サービス

日経クロステック

デロイト トーマツ コンサルティングは2018年4月13日、「Robotics & Cognitive Automation(R&CA)サービス」の提供を始めた。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)と人工知能(AI)と組み合わせたシステムの導入などを支援する。

デロイト トーマツ コンサルティングが提供するRobotics & Cognitive Automation(R&CA)サービスの実現イメージ(出所:デロイト トーマツ コンサルティング)

R&CAサービスでは、AIエンジンとしてNTTコミュニケーションズの「COTOHA」を利用する。COTOHAには自然言語解析機能に加えて、チャット機能や不足しているデータ項目を判断して自動で確認する機能などを備える。

これらを使って、チャットなどでのやり取りの中から、後続のソフトロボの処理に必要なデータ項目を抽出してソフトロボに転送。ソフトロボはこれらのデータ項目を基に、社内システムなどを検索して結果を返すといった処理を自動化する。

デロイト トーマツ コンサルティングは新サービスを、これまで手掛けてきたRPA導入支援サービスの進化版と位置付ける。保険や住宅ローンの手続きや商品などの販売、商品在庫の確認といった顧客応対を含めた自動化ニーズの取り込みを図る。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 西村崇)

[日経 xTECH 2018年4月13日掲載]

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン