2018年12月19日(水)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,987.92 -127.53
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
20,920 -150

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

シリア攻撃、市場は「経過観察」

2018/4/16 11:08
保存
共有
印刷
その他

週末にロンドン発外電で筆者のコメントが流れたので、きょうは早朝から欧米市場の旧知の人々から電話がひっきりなしにかかってくる。

結局、シリア情勢もトランプ米大統領もロシアも次の一手が読めず、「経過観察」として売買を手控える姿勢が目立つ。現状では気配値程度にみている。

彼らとの話題は米大リーグで活躍するエンゼルスの大谷選手のほうが多いほどの印象だ。大谷選手は知っていても、「森友学園」問題も日米首脳会談もほとんど知らない。これが実態だ。日本のメディアに登場する「外国人投資家」は一握りの日本株保有者・担当者、そして知日派が多いことを実感する。

シリア情勢については、リスクが後退したわけではなく、ロシアとイランの対応を見極める段階だ。ロシアは防衛ミサイル「S300」のシリア向け補給を見合わせていたが、実行に踏み切る姿勢を見せている。シリアのアサド大統領のロシア訪問も取り沙汰される。イランもロシアとの協力を強化する姿勢をちらつかせる。

これに対し、米国は追加経済制裁発動を明言した。引き続き、米ロ冷戦のごとき状況が続きそうだ。

米国内ではモラー特別検察官のロシア疑惑捜査が核心に迫りつつあり、トランプ大統領もモラー氏解任を示唆している。自身の女性スキャンダルの実態が今週発売の前米連邦捜査局(FBI)長官コミ―氏の回顧本で暴露されると、事の真偽はともかく、トランプ氏の心象は悪くなる。

中間選挙も共和党内まとめ役のライアン下院議長引退で、苦戦が伝えられる。追い詰められたトランプ氏が、ロシアに対して外交官大量追放以上の強硬措置に出るとロシアも黙ってはいまい。シリア攻撃はパンドラの箱を開けた感も漂う。

北朝鮮問題、米中貿易摩擦にシリア情勢が加わり、5月にかけてマーケットの騒擾(そうじょう)が続きそうだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版 : 日経BP社
価格 :1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ