2018年4月19日(木)

プロ野球

広島・菊池、価値ある2発

2018/4/15 21:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 同点の七回、救援に巨人・上原の名前がコールされると、東京ドームに割れんばかりの大歓声が湧き起こった。ファンの後押しを受けたベテラン右腕にポンポンと2死を奪われる。ここであっさり攻撃を終えていれば流れは巨人に傾いていただろうが……。

 広島の2番菊池は高めに浮いた甘いフォークボールを見逃さなかった。「手応えは完璧というぐらい、気持ちいい感覚だった」と思い切り振り切った飛球は、左中間席の上段まで届く勝…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

電子版トップスポーツトップ

関連キーワード

プロ野球 一覧

2回阪神無死一、三塁、糸原が先制の中犠飛を放つ。投手松坂(19日、ナゴヤドーム)=共同

 阪神が3連勝。二回に糸原の中犠飛で先制し、同点の四回は満塁からの遊ゴロが併殺となる間に勝ち越した。小野は6回1失点で2勝目。救援陣が1点を守った。松坂が7回2失点と粘った中日は、打線が振るわず今季初 …続き (21:22)

7回無失点で2勝目を挙げたオリックス・田嶋(19日、ZOZOマリン)=共同

 オリックスは二回、若月の2点二塁打で先制し、六回に小谷野の適時打で加点した。新人の田嶋は直球に勢いがあり、7回を2安打無四球で無失点と好投して2勝目を挙げた。増井が2セーブ目。ロッテは今季初の零敗を …続き (21:22)

8回途中無失点で2勝目を挙げたDeNA・東(19日、横浜)=共同

 DeNAが快勝した。一回に宮崎、嶺井、桑原の3連続適時打で3点を先制し、八回に嶺井の2点適時打でリードを広げた。東は八回途中無失点の好投で2勝目を挙げた。巨人は打線が振るわず、今季2度目の零敗を喫し …続き (20:56)

ハイライト・スポーツ

[PR]