2019年7月21日(日)

AIが「三つ星」の味提供 2030年代の技術ビジョン

2018/4/15 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)が一流レストランの味を提供する「三つ星マシン」に自動運転の空陸両用タクシー「クルマヒコーキ」――。総務省は2030~40年代を想定し、情報通信技術(ICT)を活用した未来ビジョン案をまとめた。人口減や高齢化が進んでも持続的に成長できる社会づくりに向け、政府の成長戦略などに反映させる。

新ビジョン案は情報通信審議会(総務相の諮問機関)の有識者委員会が若手の官僚や起業家らのアイデアを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。