勝負はこれから

フォローする

千葉の風に吹かれて25年 ベテラン福浦 健在
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/4/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

適時打を放ち塁上に立ったロッテ・福浦和也(42)のユニホームを、千葉名物の風が少々手荒にはためかせて祝福した――。ロッテひと筋にプレーして25年目の今季、通算2000安打が視野に入った。選手寿命が伸び、大台達成者は増えているが、日本球界を代表する「フランチャイズプレーヤー」としての足跡にはまたひと味違った趣がある。

昨年までの通算安打は1962本。大台まで38本として始まった今季は1歳年上の井口資仁新監督に重用され、DHでの先発起用が増えている。

福浦は球団の最多出場記録を更新し、記念のボードを掲げた=共同

福浦は球団の最多出場記録を更新し、記念のボードを掲げた=共同

目立つここぞでの巧打

打率こそ高くないが、首位西武戦で2試合続けて打点を挙げたように、ここぞでの巧打が目立つ。

11日。三回2死二塁で打席に立った福浦が、西武・ファビオ・カスティーヨの球をとらえた打球はときおり秒速17~18メートルを記録したZOZOマリンスタジアムの風のなか、ぐんぐん伸びて左翼越えの適時二塁打となった。

大記録へ向かい、カウントダウンしている電光掲示板の「FUKU METER」が「1969」と表示された。2000本まであと31本。

風に乗った、といっては福浦に失礼かもしれない。左翼方向の打球が伸びる傾向にはあったが、先発の二木康太も「どっちに向かっているかわからない」という気まぐれな風だった。

これまで積み重ねてきた安打のうち、風に助けられたものもあったかもしれないが、風に阻まれた安打も同じくらいあっただろう。風は誰に対しても"中立"だ。

福浦は地元千葉出身で習志野高出。申し分のない千葉の顔として、入団時からこの球場をすみかとしてきた福浦に対しても、風は無慈悲なほどに中立だったに違いない。

千葉の風に吹かれ続けて25年。天性の打撃センスで、メジャーに去ったイチローのあとを襲い、2001年に3割4分6厘で首位打者になった。以後6年連続打率3割をマーク、パ・リーグを代表する選手として活躍してきた福浦も、今年43歳になる。その存在は樹皮がそがれて白茶けた幹をさらしながらも、岬の突端で風に向かい続ける古木を連想させないでもない。

1969本目の安打を放った前の日には通算2162試合出場という球団記録をつくり、祝福を受けた。それまでの記録は天才打者の名をほしいままにした榎本喜八の2161試合。福浦の名は球団の新たなレジェンドの系譜に刻まれることになる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
ワールドトライアウトで東尾修氏(左)と対談する清原氏。西武から巨人に移籍した経緯など、秘話が披露された

 1980年代から2000年代を代表する打者である清原和博氏(52)が、ファンの声援を背に、球場に帰ってきた。11月30日、神宮球場で行われた野球選手の再チャレンジを支援するイベントに、監督として参加 …続き (12/10)

米大リーグ挑戦についての記者会見を終え、ポーズをとる巨人の山口俊投手(中央)。左は原監督、右は今村球団社長(18日)=共同共同

 1998年、日米球界間の移籍の新たな「通路」として導入されたポスティング(入札)制度はフリーエージェント(FA)権を獲得する前の「旬」の選手のメジャー挑戦を可能にする一方、日本プロ野球の空洞化をもた …続き (11/26)

野球には見るものに思わず「アウト」「セーフ」と言わせるような気迫に満ちたクロスプレーもある(「プレミア12」の日本―ベネズエラ戦)=共同共同

 野球の判定に、どこまで「機械の目」を導入すべきか――。改めて考えさせられる場面が、ナショナルズとアストロズが“世界一”を争った今年のワールドシリーズで見受けられた。
 2勝2敗で迎えた第5戦(10月2 …続き (11/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]