2018年7月24日(火)

勝負はこれから

フォローする

千葉の風に吹かれて25年 ベテラン福浦 健在
編集委員 篠山正幸

(1/2ページ)
2018/4/17 6:30
保存
共有
印刷
その他

 適時打を放ち塁上に立ったロッテ・福浦和也(42)のユニホームを、千葉名物の風が少々手荒にはためかせて祝福した――。ロッテひと筋にプレーして25年目の今季、通算2000安打が視野に入った。選手寿命が伸び、大台達成者は増えているが、日本球界を代表する「フランチャイズプレーヤー」としての足跡にはまたひと味違った趣がある。

 昨年までの通算安打は1962本。大台まで38本として始まった今季は1歳年上の井口資仁新監督に重用され、DHでの先発起用が増えている。

福浦は球団の最多出場記録を更新し、記念のボードを掲げた=共同

福浦は球団の最多出場記録を更新し、記念のボードを掲げた=共同

目立つここぞでの巧打

 打率こそ高くないが、首位西武戦で2試合続けて打点を挙げたように、ここぞでの巧打が目立つ。

 11日。三回2死二塁で打席に立った福浦が、西武・ファビオ・カスティーヨの球をとらえた打球はときおり秒速17~18メートルを記録したZOZOマリンスタジアムの風のなか、ぐんぐん伸びて左翼越えの適時二塁打となった。

 大記録へ向かい、カウントダウンしている電光掲示板の「FUKU METER」が「1969」と表示された。2000本まであと31本。

 風に乗った、といっては福浦に失礼かもしれない。左翼方向の打球が伸びる傾向にはあったが、先発の二木康太も「どっちに向かっているかわからない」という気まぐれな風だった。

 これまで積み重ねてきた安打のうち、風に助けられたものもあったかもしれないが、風に阻まれた安打も同じくらいあっただろう。風は誰に対しても“中立”だ。

 福浦は地元千葉出身で習志野高出。申し分のない千葉の顔として、入団時からこの球場をすみかとしてきた福浦に対しても、風は無慈悲なほどに中立だったに違いない。

 千葉の風に吹かれ続けて25年。天性の打撃センスで、メジャーに去ったイチローのあとを襲い、2001年に3割4分6厘で首位打者になった。以後6年連続打率3割をマーク、パ・リーグを代表する選手として活躍してきた福浦も、今年43歳になる。その存在は樹皮がそがれて白茶けた幹をさらしながらも、岬の突端で風に向かい続ける古木を連想させないでもない。

 1969本目の安打を放った前の日には通算2162試合出場という球団記録をつくり、祝福を受けた。それまでの記録は天才打者の名をほしいままにした榎本喜八の2161試合。福浦の名は球団の新たなレジェンドの系譜に刻まれることになる。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

プロ野球コラム

17年ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

勝負はこれから 一覧

フォローする
7日の楽天戦で同点の八回、勝ち越しソロを放った=共同共同

 西武の17年目、栗山巧(34)が、勝負どころの一打でチームをけん引している。昨季は10年ぶりに規定打席に到達せず、世代交代の波に流されかけたが、再び輝きを増してきた。 …続き (7/10)

ヤクルト戦でプロ初登板勝利を挙げ、辻監督(左)と握手する今井=共同共同

 若い人にとって、順風満帆であることが、いいことなのかどうか。右肩痛などの経験をバネにし、プロ初登板、初先発で勝利を飾った西武の2年目、今井達也(20)のデビューに、「禍福」が交互に巡る人生の不思議を …続き (6/26)

大谷(右)は日本ハム時代から中指のマメに悩まされていた=APAP

 先発として160キロ前後の球を投げ続けるという営みが、どれだけ肉体に負担を強いるのか。大谷翔平(エンゼルス、23)の故障は、異次元の投球に伴うリスクの大きさをうかがわせる。
 8日(日本時間9日)、大 …続き (6/12)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]