2018年7月23日(月)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

比嘉の世界王座剥奪 階級制スポーツの危機

2018/4/14 23:00
保存
共有
印刷
その他

 胸囲97センチ。12日の検診で比嘉の数値は20キロ以上重いミドル級の村田(98.5センチ)とほとんど変わらなかった。15連続KOの日本記録を生んだ圧巻の肉体は練習のたまものであり、最初から倒しにいくスタイルもこの競技へのいちずな献身を感じさせる。故意のにおいも漂ったネリと同類にくくりたくはないが、あの騒動の後だけにファンを失望させた罪は大きい。

防衛戦の前日計量で制限体重をオーバーしたWBCフライ級王者の比嘉=共同

 近年、海外リングで頻発している体重超過だが、実は国内でも相次いでいる。JBCによると、3月下旬以降の1カ月で3人が失格になった。

 「体重は落として当たり前。何キロ落としたとか自慢にもならない」。沖縄の後輩に当たる比嘉を目にかけてきた元世界王者の浜田剛史氏が厳しく指摘するように、どこかタガが外れている。ネリの一件を機に、JBCも「ペナルティーの抑止力に頼らざるを得ない」(安河内事務局長)と罰則規定の策定に動きだした矢先だった。

 比嘉は12キロ近く減量し、昨年5月の世界挑戦前にはパニック障害を起こしたこともあった。これを機に適正階級も見直されるべきだろう。少しでも体格の優位を得ようと体重を無理に落とし、試合当日に実質2、3階級上の体でリングに上がろうとする選手が少なくない。増量幅が多い選手に対しては、JBCが強制的に階級転向させるのも防止策の一つだ。

 安易なタイトル乱造など興行優先の色濃いボクシング界にあって、試合の安全とフェアネスを担保する階級制はファンの信頼をつなぎ留める最後のとりでである。その地盤が揺らいでいる今、プロスポーツとして生き残る瀬戸際にあると自覚しなければいけない。(山口大介)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

WBSSイベントから帰国後、取材に応じたWBAバンタム級王者の井上尚弥。右は大橋ジムの大橋秀行会長(23日、成田空港)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が23日、モスクワから帰国した成田空港で取材に応じ、参戦するワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)のイベントを終え「より一層気 …続き (10:56)

 異なる団体の世界王者らが参戦する「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」(WBSS)バンタム級トーナメントの抽選会が20日、モスクワで行われ、世界ボクシング協会(WBA)同級王者の井上尚弥(大橋) …続き (21日 11:56)

記者会見後、ポーズをとるボクシング元世界王者の井岡一翔(20日午前、東京都渋谷区)=共同

 世界ボクシング協会(WBA)フライ級など世界3階級制覇を果たし、昨年大みそかに引退を表明した井岡一翔(29)が20日、東京都内で記者会見し、米国で現役復帰することを表明した。今後はロサンゼルスを拠点 …続き (20日 12:58)

ハイライト・スポーツ

サッカーワールドカップ2018

[PR]