仮設住宅で追悼の集い 熊本地震2年、復興へ思い新たに

2018/4/14 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊本地震の前震から2年となった14日、多くの被災者が生活する各地の仮設住宅で追悼の催しが開かれ、住民らは犠牲者の冥福とふるさとの復興を祈った。

2度にわたる震度7の揺れで3千棟超の家屋が全壊した熊本県益城町。

約190世帯の避難者が暮らす益城町の「木山仮設団地」の集会所では14日夜、約400本の竹灯籠に火がともされ、2年前に前震が起きた午後9時26分に、住民らは一斉に黙とうした。

16日の本震で自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]