/

この記事は会員限定です

マネックス社長「NEM訴訟費用は最大20億円」

匿名性高い仮想通貨は扱い終了

[有料会員限定]

マネックスグループの松本大社長は日本経済新聞社の取材に応じ、16日に買収を完了する仮想通貨交換会社コインチェック(東京・渋谷)から流出した仮想通貨NEM(ネム)に関する訴訟費用を「最大でも10億~20億円と見積もっている」と明らかにした。同時に、匿名性が高い3つの仮想通貨については取り扱いをやめる考えを示した。

1月に流出したNEMについて、コインチェックは約460億円の補償を完了したが、価格下落で損失を被ったとす...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り803文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン