2019年3月20日(水)

プーチン大統領「侵略行為」と欧米を非難
国連安保理緊急会合を要請

2018/4/14 17:50
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】米英仏によるシリアへの軍事攻撃を受けて、同国のアサド政権を支援するロシアのプーチン大統領は14日、攻撃は「テロとの戦いの前線にある主権国家に対する侵略行為」との非難声明を出した。緊迫するシリア情勢が国際関係全般に影響を与えているとして、国連安全保障理事会の緊急会合の開催を要請すると表明した。

プーチン氏は声明で、米国などのシリア攻撃は国際法に違反すると非難。米国の行動は「シリアの人道的災害を拡大」させ、新たな難民を生み出すと訴えた。シリアでの化学兵器使用疑惑が2017年4月に続いて再び米国による軍事介入の口実にされたと指摘。化学兵器禁止機関(OPCW)の調査結果を待たずに軍事攻撃を始めたと批判した。

ロシアはアサド政権による化学兵器使用疑惑は「でっちあげ」で、英国が関与した証拠があると主張。米国による軍事介入をけん制していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報