/

小泉元首相、安倍首相の総裁3選「難しい」

小泉純一郎元首相は14日、水戸市内で記者団の質問に答え、安倍晋三首相(自民党総裁)の9月の自民党総裁選での3選について「難しいだろう」との見解をあきらかにした。学校法人「森友学園」「加計学園」を巡る一連の問題を受け「(国民からの)信頼がなくなってきた」との認識を示した。

森友学園問題に関して小泉氏は「安倍首相が『妻や私が関係していたら首相、国会議員を辞める』と話した。あれに端を発している」と指摘。「(首相の)昭恵夫人が同学園の名誉学長をしながらなぜ関係ないと言えるのか。言い訳しているような状況だ」と述べた。

加計学園の獣医学部新設を巡り、当時の柳瀬唯夫首相秘書官と愛媛県職員との面会記録が見つかったことについては「記憶と記録では記録の方が正確だと思っている人は圧倒的に多いだろう。記録が残っているのだから、認めるしか仕方ない」と話した。

これに先立つ水戸市内での講演では「脱原発」をめざすべきだと強調。東京電力などの支援を受けて日本原子力発電が進める東海第2原子力発電所(茨城県東海村)の再稼働に反対する考えを強調した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン