2019年8月25日(日)
スポーツ > 格闘技 > ニュース > 記事

格闘技

比嘉が計量失格で世界王座剥奪 日本人ボクサーで初

2018/4/14 16:09
保存
共有
印刷
その他

15日に横浜アリーナで開催されるボクシングのダブル世界戦前日計量が14日、東京都内で行われ、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(白井・具志堅スポーツ)が上限体重(50.8キロ)を900グラム超過して失格となり、タイトルを剥奪された。日本選手による世界タイトルマッチでの計量失格は初めて。

日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長は比嘉陣営と挑戦者のクリストファー・ロサレス(ニカラグア)陣営の合意の下、15日午前8時から再計量を行い、比嘉がフライ級リミットを4.5キロ上回る55.3キロをクリアできれば試合を開催することを明らかにした。その場合はロサレスが勝てば新王者となり、比嘉が勝つか引き分けの場合は王座は空位のままとなる。

22歳の比嘉は沖縄県出身。高校卒業後に同じ沖縄出身の元世界チャンピオン、具志堅用高会長のジムからプロ入りし、デビュー以来KO勝利を重ねて昨年5月に世界王者になった。今年2月に日本タイ記録となる15連続KO勝利で2度目の防衛に成功し、今回が3度目の防衛戦だった。

計量後に報道陣の取材に応じた具志堅会長は「あってはならないことが起きた。ボクシング関係者、比嘉大吾のファンの皆さんに本当に申し訳なく思っています」と陳謝した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

格闘技 一覧

女子48キロ級決勝 ウクライナのビロディド(右)に敗れ、銀メダルの渡名喜風南(25日、日本武道館)=共同

 柔道の世界選手権は25日、東京・日本武道館で開幕し、女子48キロ級で昨年2位の渡名喜風南(パーク24)は昨年と同じ顔合わせとなった決勝でダリア・ビロディド(ウクライナ)に優勢で敗れ、2年続けて2位だ …続き (21:16)

2度目の防衛から一夜明け、記者会見でポーズをとるWBOフライ級王者の田中恒成(25日、名古屋市)=共同

 24日の世界ボクシング機構(WBO)フライ級タイトルマッチで2度目の防衛を果たした王者の田中恒成(畑中)が一夜明けた25日、名古屋市内で記者会見し「KOで勝ててよかった。(試合を決めた7回は)ギアを …続き (14:15)

7回、ジョナサン・ゴンサレス(左)を攻める田中恒成=共同

 世界戦でKO勝ちしたボクサーとは思えないような、試合後の田中の表情だった。「内容は最悪」。さきの甲子園で2度の7イニング逆転劇で快進撃した母校、中京学院大中京になぞらえ7回逆転KOを語る姿もどこか自 …続き (24日 20:30)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。