2019年6月17日(月)

中東の危機連鎖、ミサイルだけで止まらない

2018/4/14 13:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ダンマン(サウジアラビア東部)=岐部秀光】トランプ政権が14日、シリアのアサド政権に対するミサイル攻撃に踏み切った。ロシアとの対立のリスクをおかして、化学兵器の使用はぜったいに認めないという強いメッセージを発した。しかし、単発のミサイル攻撃だけでは中東の根本の問題は解けない。同盟国が一致して危機の連鎖を止めなければ、そのツケは世界に跳ね返る。

「ミサイルが飛んでくるぞ」。トランプ氏がこうツイッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報