拝啓 ベーブ・ルース様

フォローする

データで読み解く 大谷翔平の投球の実相
スポーツライター 丹羽政善

(1/3ページ)
(1/3ページ)
(1/3ページ)
2018/4/16 6:30
保存
共有
印刷
その他

3月21日午前、エンゼルスの大谷翔平はブルペンで長い時間を過ごしていた。

キャンプ施設のブルペンは少し見にくいところにあるので、どこをどう修正したのかというところまではわからなかったが、投げる前に構えた段階でコーチがアドバイスを飛ばす。左足を上げればそこで動作を止め、また投手コーチが身ぶり手ぶりで何かを伝えていた。

米大リーグ開幕1週間前のこと。あの時点で、あそこまで手を加えるのはよほどのことと…

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

拝啓 ベーブ・ルース様 一覧

フォローする
ここまで大谷は打率1割8分9厘にとどまっている=ゲッティ共同ゲッティ共同

 大リーグには「メンドーサライン」という言葉がある。その語源はおよそ40年前まで遡る。
 1979年、それまでパイレーツで内野の守備固めなどで起用される程度の選手だったマリオ・メンドーサは、その2年前に …続き (9/14)

23日のアスレチックス戦で5号3ランを放つ大谷=APAP

 1カ月ほど前に訪れたときには、くまなく広がっていた北カリフォルニアの青い空が、鉛色で覆われていた。山火事の影響により、太陽の光が煙で遮られたためだ。
 23日のアスレチックス戦でエンゼルスの大谷翔平が …続き (8/31)

前腕負傷からの復帰戦で大谷は左翼越え本塁打を放った=APAP

 乾いた音が無観客のTモバイル・パークにとどろく。屋根が閉まっていたため、その音はいっそう球場内に反響し、高く上がった打球はややスライスしながらレフトフェンスを越えていく。2日の登板後に右ひじに違和感 …続き (8/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]