2018年7月23日(月)

北海道で震度5弱 M5.4、津波なし

2018/4/14 6:20 (2018/4/14 10:02更新)
保存
共有
印刷
その他

 14日午前4時ごろ、北海道中標津町で震度5弱の地震があった。気象庁によると、震源地は根室半島南東沖で、震源の深さは約53キロ。地震の規模はマグニチュード(M)5.4と推定される。津波はなかった。この地震で緊急地震速報が発表され、政府は官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 北海道警などによると、けが人や建物への被害は確認されていない。JR根室線の一部では線路の点検に伴い、列車4本が運休や部分運休した。

 気象庁は14日、記者会見し、太平洋プレート内部で北西―南東方向に張力軸を持つ正断層型の地震との見方を示した。余震活動は低調だが、同地域は2004年11月29日と12月6日、最大震度5強の地震が連続した例があり「揺れが強かった地域では落石や崖崩れなどが起こりやすくなっている可能性がある。1週間程度は最大震度5弱程度の地震に注意してほしい」と呼び掛けた。

 北海道内の主な各地の震度は次の通り。

 震度5弱=中標津町▽震度4=根室市、羅臼町▽震度3=釧路市〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報