2019年8月26日(月)

イスタンブールの新空港、報道陣に公開 10月開港

2018/4/14 2:27
保存
共有
印刷
その他

【イスタンブール=佐野彰洋】トルコ政府は13日、最大都市イスタンブールで建設中の新空港を報道陣に公開した。総事業費は102億ユーロ(1兆3500億円)で官民パートナーシップ(PPP)方式では同国最大の公共事業。10月29日の建国記念日に合わせて開業する計画だ。

13日、報道陣に公開されたイスタンブールの新空港

現地で記者会見したアルスラン運輸海事通信相によると、1期工事として年間9千万人の利用に対応する旅客ターミナルと滑走路4本を整備する。国内外350都市への就航を目指すハブ空港となる。新空港の名称は「10月29日に発表する」という。

工事の進捗率は約85%と説明したが、管制塔や搭乗橋などはまだ完成しておらず、突貫工事を続けている。

イスタンブールの北西部、黒海沿岸に近い新空港は都心部から40キロメートル超離れている。既存のハブ空港で10月末以降は一般の旅客利用を停止するアタチュルク国際空港と比べ、約2倍の距離。地下鉄の乗り入れは2019年以降で、利用者は当面不便を強いられそうだ。

建設はエルドアン大統領に近い国内の建設会社の連合が競争入札で受注した。25年間の運営を請け負って投資を回収する一方、リース料を政府に納める仕組みだが、資金繰りの悪化から一定期間の支払い猶予を要請しているという。

新空港の利用者が年8千万人に達した段階で新ターミナルや追加の滑走路の建設に着手する。完成後には年間2億人の利用が可能な「世界最大空港」となるが、野心的すぎるとの指摘もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。