2018年7月23日(月)

東京都目黒区、保育所新設5年で39カ所 待機児童対策

2018/4/14 0:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東京都目黒区は2018年度から5カ年の事業計画をまとめ、保育所の待機児童対策を最重要課題と位置づけた。総事業費の3割にあたる約120億円を充て、39カ所の保育所を新設する。住宅街を多く抱える同区の待機児童数は、全国の区市町村別でワースト3位(17年4月時点)。直面する課題の解決に向け、集中投資に踏み切る。

 目黒区では5カ年の計画を3年ごとに見直している。18~22年度の事業費は総額で368億円と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報