/

鶴雅グループ、支笏湖温泉に高級ホテル

北海道内でリゾートホテルを展開する鶴雅グループ(釧路市)は2019年4月、支笏湖温泉(千歳市)に新たなホテル「しこつ湖鶴雅別荘 碧(あお)の座」を開業する。投資額は30億円。高級路線を前面に打ち出し、道内外の富裕層を取り込む。

高級ブランド「座」シリーズで3施設目(イメージ)

客室数は25室で、1室の面積は100~270平方メートル。全室に露天風呂と展望内風呂を完備する。宿泊料金は1人につき7万~10万円を想定し、平均稼働率は60%を見込む。

新たなホテルは同グループの高級ブランド「座」シリーズの中でも最高位。「あかん鶴雅別荘 鄙(ひな)の座」(釧路市)や、「北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート」(網走市)の客室「古の座」に続く同シリーズの3施設目になる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン