/

海賊版サイト遮断OK? 政府要請に議論沸騰

サイトの閲覧を強制遮断する「サイトブロッキング」を巡る議論が沸騰している。政府は出版社など権利保持者の許可なくコンテンツをネットで配布する「海賊版サイト」に適用すべく法整備に乗り出すが、通信内容の解析が必要なことから反対意見も多い。一方、出版社は遮断を歓迎している。コンテンツ業界を守るためのサイト遮断は是か非か。

「被害額は月額数億円だ」。ある大手出版社では、好調だった漫画の売上高が昨秋に急に鈍り始めたという。いぶかしんだ担当者がネットを検索したところ、海賊版サイトに行き着いた。一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構によると、2017年9月から18年2月の著作権者側の被害額は計4000億円以上だという。

ネット上の海賊版サイトは黎明(れいめい)期から無数に存在していたが、ある大手出版社の幹部は「16年末から正規の電子版に見劣りしない海賊版の配信が始まった」と打ち明ける。

17年5月上旬に突然閉鎖したある海賊版サイトのトップページでは「新着タイトル」「一般コミック」などに漫画が分類されている。正式な発売前の週刊漫画誌も読める。サイト内の検索機能を使えば、瞬時に人気漫画を探せるため「公式サイトだと勘違いしていた」(都内の30代男性)人も少なくない。

今月上旬に閲覧ができなくなった別の海賊版サイトは、5000作品以上の人気漫画のほか、ベストセラーの小説や写真集を掲載。月間の閲覧件数は1億8千万回を超えたとされる。

法整備へ動く

被害の拡大を受けて、政府も重い腰を上げた。13日に開かれた知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議で、海賊版サイトの閲覧を強制遮断する処分に法的根拠を与え、民間業者の対応を促すことを決めた。

19年の通常国会に関連法案を提出する。海賊版サイトのリンクを貼り付けて利用者を誘導する「リーチサイト」を刑事罰の対象とする関連法案も同国会までに提出する。

特に悪質なサイトとして海外の「漫画村」や「AniTube(アニチューブ)!」「MioMio(ミオミオ)」を明示した。当面はこの3サイトに限り、緊急避難措置として接続業者が閲覧を遮断することが適当とした。同様の悪質なサイトができた際は、政府が事業者や有識者でつくる協議体を設けて対応を検討する。

海外に設置されたサーバーで海賊版を配布している場合、国内法が及ばず著作権侵害の実態があっても日本が警察権を行使できない場合が多い。また多くの海賊版サイトが「コンテンツを提供しているのは善意の第三者で、我々は置き場所を提供しているだけ」という論法で「合法」を訴えている。

 国内でサイト閲覧遮断に関する議論が始まったのは08年。「第3回児童の性的搾取に反対する世界会議」で、世界各国の政府に児童ポルノのサイトの閲覧などを法律で禁止するよう求める共同宣言が採択された。

国内最大級の海賊版サイト「漫画村」は4月中旬に見られなくなった

09年に民間企業らによる協議の結果「検挙や削除が著しく困難」「侵害性の少ない手法・運用」などの条件を満たした場合に遮断できるとの結論が出た。これを受けて11年にヤフーなどネット事業者などで構成する一般社団法人インターネットコンテンツセーフティ協会(ICSA)が設立された。

ICSAは検挙が難しいと判断されたサイトの情報を取得し、プロバイダーへサイト遮断の要請を出す。プロバイダーは自社と契約するネット利用者がサイトが閲覧できないようにする。

通信の秘密を侵害するが、児童ポルノが対象の場合、刑法の「緊急避難」を満たすと解釈されてきた。遮断の対象は慎重に精査されるため、サイト全体の遮断は17年9月時点で30にとどまる。

苦しい出版業界

出版業界は苦境に追い込まれている。17年の紙の出版市場は前年比7%減と、減少幅は過去最大となった。17年の電子の出版市場は増加したものの成長率は鈍化した。

漫画家らでつくる日本漫画家協会も2月、「創作の努力に加わっていない海賊版サイトなどが利益をむさぼっている」との声明を出した。講談社も13日、「現状を放置すれば、日本のコンテンツ産業を根本から破壊する」として遮断を歓迎するコメントを出した。

一方、サイト遮断を実行する立場となるプロバイダー(接続業者)は懸念を示す。日本インターネットプロバイダー協会(JAIPA)は「政府が特定サイトへの遮断を求めることは、憲法が禁止する検閲にあたるおそれがあり、諸外国にも例がない」と猛反発する。

大手プロバイダー幹部は「仮にサイト遮断を実施することになった場合、プロバイダーが負うリスクが大きすぎる」と打ち明ける。国民の権利を侵害し、通信事業者の義務を放棄したとして利用者から訴訟を起こされるリスクがあるからだ。

出版文化を守るために「禁じ手」であるサイト遮断を導入するか。それとも従来通りの手法での解決を待つか。議論が待たれる。

(堀越功、亀井慶一)

[日経産業新聞 2018年4月16日付]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン