復興一歩ずつ 熊本城、工事も見せる(熊本地震2年)

2018/4/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊本のシンボル、熊本城大天守の復旧工事が急ピッチで進んでいる。熊本地震で約7000枚の屋根瓦が滑り落ちた最上部は銀色に輝く新たな瓦にふき替えられ、高さ1.2メートルのしゃちほこを据え付ける工事が始まった。側面は工事用の足場とカバーで覆われているが、上から徐々に取り除かれ2019年秋ごろに再建された全体像が姿を現す。

「膨大なお金と労力がかかる事業ですね……」。4月上旬、タイから見学に来たダヌサッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]