2018年4月24日(火)

伊藤忠 中国語話者が総合職の3割、1000人に到達

サービス・食品
2018/4/13 20:19
保存
共有
印刷
その他

 伊藤忠商事は13日、中国ビジネス拡大のために進める人材育成で中国語話者が1000人に達し、東京本社で記念集会を開いた。総合職社員の3割にあたる。日本企業が抱える中国語人材の人数では最大とみられる。

中国語を勉強した約700人を前にあいさつする岡藤会長

中国語を勉強した約700人を前にあいさつする岡藤会長

 集会には社員700人が参加、中国の程永華駐日大使らが来賓として出席した。岡藤正広会長兼最高経営責任者(CEO)は冒頭で「日本中の会社を見渡しても、1000人が中国語を話せる会社は例を見ないはず。円滑なコミュニケーションで中国ビジネスを拡大したい」と話した。

 伊藤忠は15年に中国中信集団に6000億円を出資。共同でアパレル事業を進めるほか、病院やインターネット販売の事業拡大を目指している。

 これに伴い、15年度から中国語人材を1000人とする目標を設定。若手を対象に全額を会社で負担する中国語レッスンを設けたほか、中国語圏への語学・実務研修に140人を派遣した。

 3年間で682人が中国語検定試験「HSK」(口答試験)の初級~上級に合格。以前から中国語ができる社員と合わせ1043人が中国語話者となった。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報