2019年5月26日(日)

柳瀬氏参考人招致、自民が提案へ 加計文書

2018/4/13 19:33
保存
共有
印刷
その他

農林水産省が13日、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画を巡る文書が省内で見つかったと発表したのを受け、野党は首相秘書官だった柳瀬唯夫経済産業審議官の証人喚問を求めて攻勢を強めた。文書には柳瀬氏が愛媛県関係者に「本件は、首相案件」と発言したとの記載がある。自民党は16日に柳瀬氏の国会への参考人招致を野党側に提案する方針だ。

愛媛県の中村時広知事は同文書が県職員が作成したものという認識を記者団に示した。農水省で見つかった文書は2枚で、作成日は2015年4月3日付だった。中村知事が10日の記者会見で存在を認め、「備忘録」だと説明した文書は15年4月13日付だった。中村氏は日付の相違について「(作成した職員に確認し)会議直後のものと、私への報告直前のものという違い」と説明した。

農水省で見つかった加計学園の獣医学部新設計画に関連する文書=共同

農水省で見つかった加計学園の獣医学部新設計画に関連する文書=共同

農水省は文書を巡る報道があった10日から省内で調査に着手。36人の関係者を対象に文書の有無を調べ、獣医師法などを担当していた課長補佐級の職員が個人ファイルで紙の文書を保管していたと判明した。農水省は文書に関して保管していた職員が前任者から引き継いだものと説明。前任者は文書を見た記憶がなく、保有した経緯もよく覚えていないという。

安倍晋三首相は13日、大阪府東大阪市で記者団に「まずは徹底的に調査し、全容を明らかにし、うみを出し切る。皆様の信頼を得るためにしっかりと立て直していきたい」と強調した。

自民党の柴山昌彦筆頭副幹事長は13日のBS日テレ番組で「物証が出てきたということだ。柳瀬氏のほうが分が悪くなってきたのではないか」と語った。

立憲民主党の福山哲郎幹事長は13日の党会合で「『記憶にない』と言って説得力のない反論をしているのは安倍晋三首相と柳瀬氏だけという状況になった。もはや政権を維持できる状況ではない」と批判した。民進党の大塚耕平代表は党会合で「虚偽答弁をする首相に国政を委ねるわけにはいかない」と訴えた。

自民党の森山裕国会対策委員長は13日、国会内で立憲民主党の辻元清美国対委員長と会い、16日に柳瀬氏の国会招致を巡る対応を回答すると伝えた。辻元氏は環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国で署名した新協定の承認案や関連法案の審議入りへの対応について「16日の回答次第だ」との考えを示した。

野党は13日の衆院議院運営委員会理事会で、17日からの首相訪米への柳瀬氏の同行を認めるべきではないと主張した。これに対し、西村康稔官房副長官は「まだ決まっていない」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報