2018年12月12日(水)

「教育県」長野が先駆け、小中学校でも働き方改革

2018/4/14 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

文部科学省が2017年12月に学校の働き方改革で緊急対策を打ち出し、18年2月に全国の教育委員会に通知で徹底を求めた。「教育県」といわれた長野県では、一歩先を行く包括的な改革が公立小中学校で動き出している。時間外勤務の上限目標を定め、ICカードによる出退勤管理、部活動の見直しが進む。授業の質を高めるのが狙いだが、定着には保護者や地域社会の協力が不可欠だ。

「教員の長時間勤務が結果的に教育の質を落…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報