/

この記事は会員限定です

日本海に静かな異変、深海の酸素減少 温暖化が影響か

[有料会員限定]

日本海の海水の循環に異変が起きている。酸素を多く含む表層部の海水が深くまで沈まなくなり、深海の酸素不足が進んでいる。ユーラシア大陸の冬の冷え込みが緩くなったためのようだ。目立った影響はまだ出ていないが、魚介類などの生態系が変わっていく可能性がある。気候変動と海水循環の関係を調べるモデル海域として、世界の研究者が注目し始めた。

深さ約2000メートルの日本海深海の流速などを観測している九州大学の千手...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1565文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン