/

新社会人 奨学金の返済と貯金はコツコツ両立

写真はイメージ=PIXTA

今は大学・大学院の進学者の約4割が奨学金を利用する。社会人になった途端に返済の負担を実感し、家計管理に悩む人も少なくない。結婚や住居購入などの資金需要が控える年齢層だけに、奨学金返済とうまくつきあいながら貯蓄も増やしたい。家計管理のコツを専門家に聞いた。

「毎月2万円の奨学金の返済負担は重い」というのは、東京都渋谷区に住む会社員の女性Aさん(29)。一人暮らしで家賃が10万円近くかかり、貯蓄をする余裕がない。「将来のために資産運用もしたいのに……」と悩む。

利用者の割合は20年前の4倍

日本学生支援機構によると、2016年度の奨学生の数は131万で大学生や院生などの38%を占めた。20年前の4倍近くだ。授業料の値上がりに加え、親世代の資金力が細っているのが理由だ。

奨学金の返済負担はどれほどか。3月の有利子・貸与型(第2種)は金利0.27%。在学時、月3万円を4年間借りた場合、返済期間13年で月返済額は約9400円。同12万円借り20年返済なら約2万5000円だ(グラフA)。他の教育ローンなどもあれば、負担はさらに膨らむ。

この4月に新社会人になった人は以下の点に留意しよう。機構への返済が始まるのは10月で最初の口座振替日は10月27日。前営業日までに一定額を指定口座に入れ、返済に備えたい。

入社2年目からは所得税に加えて住民税も給与から天引きされるため、手取り額が減る可能性もある。ファイナンシャルプランナー(FP)の蟹山淳子氏は「入社して最初の半年間は黒字だとしても安心してはいけない」という。

FPの深田晶恵氏に奨学金を返済する人が目標としたい家計のイメージを示してもらった(図C)。まず月の手取り収入から家賃や光熱費などのライフライン費を差し引き、次に奨学金返済額と、数千円でも構わないので貯蓄額を多めに確保する。残りの金額が「自由になるお金」。このお金は現金、カード払いを問わず家計簿をつけて赤字にならないよう管理する。

機構によると、返済の「延滞が始まった理由」(複数回答)で最も多いのは「家計の収入が減った」(69%)(グラフB)。「忘れていた」も11%いる。返済延滞が3カ月以上続くと、個人情報が信用情報機関に登録され、住宅ローンやクレジットカードの新規発行や継続利用が難しくなる可能性が高まる。

失業や病気の時は早めに相談

もし、失業や病気などの理由なら機構に早めに相談しよう。返済期間を延ばす代わりに月返済額を半分か3分の1に減額できる「減額返還」、返済を通算10年停止できる「返還期限猶予」がある。蟹山氏は「なるべく減額返還を選び、返し続ける習慣を身につけたい」と指摘する。

機構は4カ月以上の延滞者に対しては、回収業務を民間専門会社に委託している。最終的な選択肢としては自己破産申請があるが、親が連帯保証人なら、親が返済を肩代わりしなくてはいけない。「年金暮らしの親に多額の債務返済負担が発生する例もある」(西川治弁護士)。返済は本人の自助努力が基本だ。

収支に余裕があれば、繰り上げ返済もできるが、「借入金利が低いので、無理して繰り上げ返済することは勧めない」というFPは多い。蟹山氏は「返済しつつも長い目で将来を見越し、スキルアップをしたり貯蓄残高を増やしたりすることを心がけたい」と助言している。

(南毅)

[日本経済新聞朝刊2018年4月14日付]

『日経マネー』では個人投資家の運用状況に関するアンケート調査を実施中です。ご回答いただくと抽選で10万円分のギフトカードなどが当たります。期間は4月30日(月)23時59分まで。アンケートはこちら

日経マネー 個人投資家調査2018

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン