2018年5月22日(火)

宇宙ビジネス拡大へ、組織を再編 JAXA山川理事長

科学&新技術
2018/4/13 15:48
保存
共有
印刷
その他

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)山川宏理事長は13日の定例会見で、宇宙ビジネス拡大へ向けて組織を再編する考えを表明した。企画関連機能の部門を統合し、宇宙開発の技術や衛星画像データを実社会に生かす機能を強化した。「異業種企業や自治体、安全保障関連機関と連携していきたい」と意欲を示した。

記者会見する山川宏宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事長

 米国中心に宇宙ビジネスが発展し「宇宙産業の変革期を迎えつつある」と指摘。宇宙産業の基盤となる技術開発力などの強化に加えて、宇宙ビジネスの創出に関わる機能の拡充を目指す。

 オープンイノベーションによる異分野の融合、民間企業とのパートナーシップ型の技術開発実証などを進める。「宇宙ベンチャー育成支援や衛星データの利用拡大など、政府が進める施策とともに技術支援を提供していきたい」と語った。

 山川氏はJAXA助教授などを経て、2006年から京都大学教授を務めた。米航空宇宙局(NASA)や欧州宇宙機関(ESA)にも在籍した経験がある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報