2019年6月27日(木)

TBSHD、30億円のCVCファンド立ち上げ

2018/4/13 15:03
保存
共有
印刷
その他

TBSホールディングス(HD)は13日、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)を通じて2号ファンドを立ち上げると発表した。投資枠は30億円。仮想現実(VR)など先端技術を持つスタートアップ企業に出資し主力の映像メディア事業の拡大につなげる。

TBSHDが100%出資するTBSイノベーション・パートナーズが、4月中に新たなファンドを組成する。メディアやコンテンツ、エンターテインメント、IT分野など国内外のスタートアップに投資する考えだ。TBSテレビなど映像現場部門との連携も進める。

2013年に総額18億円の1号ファンドを立ち上げ、これまで15社に出資した。そのうち、家計簿アプリのマネーフォワードや、ビッグデータ分析のデータセクションなど4社が上場した。出資経験を積んだことで今回は投資枠を拡大。スタートアップとの連携を強める。

民放ではフジ・メディア・ホールディングス朝日放送グループホールディングスなどがCVCを立ち上げている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報