/

この記事は会員限定です

運用に不安、再検討を 入試改革で英語民間活用

南風原朝和 東京大学高大接続研究開発センター長

[有料会員限定]

大学入試センターが大学入学共通テストの試行調査結果を公表、国立大学協会も英語民間試験活用のガイドラインを公表するなど2020年度の大学入試改革に向けた制度設計が進んでいる。東京大学の南風原朝和・高大接続研究開発センター長に寄稿してもらった。

大学入学共通テスト(以下、新共通テスト)に関して、先月、大学入試センターから2つの重要な発表があった。

1つは新共通テストの枠組みで使用される英語の資格・検...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン