2019年8月22日(木)

リベロの視点

フォローする

ハリルホジッチ解任 日本はコロンビアと戦えるか
スポーツコメンテーター フローラン・ダバディ

(1/2ページ)
2018/4/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

6月19日のコロンビア戦は今年の日本のスポーツシーンのハイライトになるはずだ。そのワールドカップ(W杯)が2カ月後に迫ったところで、サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が職を解かれた。

サッカーが好きかどうかにかかわらず、W杯は経済的にも政治的にも五輪と並ぶ一大イベントだ。国際社会での存在感を高めるうえでもまたとない機会となる。

動じぬ精神力持つ日本人選手は…

ハリルホジッチ氏の解任に至る真相はまだよくわからない

ハリルホジッチ氏の解任に至る真相はまだよくわからない

ハリルホジッチ前監督に対し、日本社会で求められる"政治的"な振る舞いや、スポンサーやメディアといった経済的な利害関係者への配慮が欠けていたという批判があるのは容易に想像がつく。僕のかつてのボスだったフィリップ・トルシエ監督も同じだったから、よくわかる。確かに彼はそれほど愛想がいいわけではないし、リップサービスをするタイプでもない。

解任に至る真相はまだよくわからない。メディアやインターネット上では様々な情報が飛び交っているけれど、前監督自身の公式な発言がない現時点では、臆測や一方の主張に基づいたものにならざるを得ない。

W杯ではもちろん日本に活躍してほしい。けれども、実際その場に身を置いたことがある僕は、その難しさもよく知っている。独特の緊張感に加え、芝の状態や気候、ピッチ外の環境も含め、未知に囲まれての船出となる。そんな状況でも万全の準備をし、動じない精神力を持っている日本人選手は本田圭佑ぐらいだろう。

こんな状況の指揮官として、ハリルホジッチ氏は打ってつけの人材だと僕は考えていた。現役時代から準備に対する意識などにおいて、彼はプロ中のプロだった。第六感や危険への嗅覚という点においても人並み外れた資質を備えている。ボスニア紛争のような過酷な環境下で生きてきたことも、そうした感性が研ぎ澄まされる一因になったのかもしれない。

トルシエ氏と中田英寿氏は決して親しい間柄ではなかったが、高いプロ意識をもってともに戦った。ハリルホジッチ氏と本田も同じような関係を築ければ、チームにとって大きな力になれたと思うのだが……。

周知の通り、2014年のW杯でも日本はコロンビアと1次リーグで最後に対戦し、惨敗を喫している。悩ましいことに今年のコロンビアのチーム力は4年前に勝るとも劣らない。選手の年齢は上がったが、アルゼンチン人の戦略家、ペケルマン監督の下で経験と自信を積み重ねてきた。個々の選手の技量を見ても、ファルカオ、ロドリゲスらが本田や香川真司らを上回っていることに異論はないだろう。

「ストリートファイター」の集まり

肉体面や精神面のたくましさという点でも日本は旗色が悪い。ハリルホジッチ氏が繰り返し強調していた「デュエル(決闘)」の視点に立てば、コロンビアはまさに「ストリートファイター」の集まりだ。日本がこれまで、メキシコやパラグアイなど中南米のチームに苦しめられてきたのは偶然ではない。誇張ではなく、彼らのサッカーはラテンアメリカ特有の獣のような苛烈さを反映している。バルガス・リョサやカルロス・フエンテスといった大作家が描いてきた血と涙、情熱と狂気を地でいく世界。マヤ文明にインカ帝国、植民地化と独立戦争を経て独裁国家に至る血なまぐさい歴史からも、煮えたぎるようなラテンアメリカ気質を感じることができるだろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

リベロの視点 一覧

フォローする
全仏テニスの大坂は高鳴る心臓の鼓動が聞こえてきそうなほど緊張していた=共同共同

 今年もテレビ中継のキャスターとして全仏オープンテニスに行ってきた。様々なドラマが生まれた15日間を振り返ってみたい。
 四大大会3連勝を狙いながら3回戦敗退に終わった大坂なおみは自分を見失っていた。足 …続き (6/16)

大坂は創造力豊かな現代っ子でもある=共同共同

 テニスの全豪オープンで四大大会連覇を果たした大坂なおみ(日清食品)はコートの内外を問わず、意表を突くのが大好きだ。眠たげなワニといっては言いすぎだが、目を細めて周囲の様子をうかがっている彼女は抜け目 …続き (2/3)

強力なサービスが大坂の武器の一つ=ロイターロイター

 女子テニスの大坂なおみを初めて知ったときのことは忘れられない。4年前の朝、ふと読んだ日本のスポーツ紙で「大坂」という16歳の日本人女子選手が時速190キロのサービスでトップ選手のサマンサ・ストーサー …続き (2018/10/7)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。